修理箇所とその方法

お気に入りにバッグも、使い続けていくうちに傷みが生じてきます。では、具体的にはどの部分にどのような痛みが出てくるのでしょう。まず、もっとも多く、目立つところとして持ち手があります。バッグを持つ際に、必ず握る箇所ですので、当然傷みが進むわけです。この持ち手の修理の内容としては、基本的には交換になります。元々の持ち手を取り外し、それと同じような持ち手を新たに作るのです。もちろん、元々の持ち手を残しつつ、ほころびのある箇所のみを修理する方法もあります。

次に、持ち手と本体を繋いでいる根皮の修理です。こちらは似ている革を使い、同じような加工をして取り付けるという作業となります。またファスナーや金具についても同様に、元もものに近いものと交換、取付けとなるのです。このように、バッグの修理は傷んだ箇所を取り外し、新しいものと交換することが、基本的な修理方法となります。

他にも、パイピングの交換があります。パイピングはバッグの底の角の箇所です。バッグの中でも最も劣化しやすい箇所ですし、最も丈夫でなければいけない重要な箇所となります。バッグ修理を受付ている「靴専科」のサイトにも修理詳細が掲載されていますが、擦り切れたり破れてしまった角の部分(パイピング・バインダー)の部分的な修繕から全体の交換作業までしてくれるそうです。

擦り切れて破れてしまった角の部分の修繕と全周修繕ができます。

そして内袋も傷みやすい箇所ですので、こちらは交換という手はずで修理が行われるのです。このように、バッグは修理可能な道具です。買い替えもいいですが、修理して長く使うのも愛着がわいていいものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket