修理依頼と修理の流れ

とても大切にしているバッグも、使っていくうちにほころびが出てきます。そうしたとき、買い替えという手段もありますが、修理するのも一つの手段です。修理は、専門業者に依頼することになりますが、大抵の場合はショッピングモールや商店街などに修理専門の業者が入っています。ただ、近所にそういったところがない人は、サイトでの修理依頼という方法もあります。

ではこのバッグの修理ですが、どのような流れで行うのでしょう。基本的に、実店舗もサイトの店舗も流れは変わりませんので、大まかな流れをここでは紹介します。まずは、修理依頼のバッグを確認します。内袋や外付けのポケットなどに財布や保険証、カードなどが残っていないかを充分確認してください。こういったものが入っていると、修理を受け付けてくれない場合もあるのです。

その後、店舗に持っていくことになりますが、サイトの場合は宅配で送ることになります。そして、実際に修理業者に依頼品を見てもらい、修理内容を相手に伝えます。それを元に専門業者はバッグを再点検し、他にも修理箇所や気になる部分があれば、それを教えてくれますので、そこでその箇所をどうするのかを考えればいいでしょう。そして修理箇所が決まれば、見積もりが出され、そして修理、納品という流れになるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket