修理箇所とその方法

お気に入りにバッグも、使い続けていくうちに傷みが生じてきます。では、具体的にはどの部分にどのような痛みが出てくるのでしょう。まず、もっとも多く、目立つところとして持ち手があります。バッグを持つ際に、必ず握る箇所ですので、当然傷みが進むわけです。この持ち手の修理の内容としては、基本的には交換になります。元々の持ち手を取り外し、それと同じような持ち手を新たに作るのです。もちろん、元々の持ち手を残しつつ、ほころびのある箇所のみを修理する方法もあります。

次に、持ち手と本体を繋いでいる根皮の修理です。こちらは似ている革を使い、同じような加工をして取り付けるという作業となります。またファスナーや金具についても同様に、元もものに近いものと交換、取付けとなるのです。このように、バッグの修理は傷んだ箇所を取り外し、新しいものと交換することが、基本的な修理方法となります。

他にも、パイピングの交換があります。パイピングはバッグの底の角の箇所です。バッグの中でも最も劣化しやすい箇所ですし、最も丈夫でなければいけない重要な箇所となります。バッグ修理を受付ている「靴専科」のサイトにも修理詳細が掲載されていますが、擦り切れたり破れてしまった角の部分(パイピング・バインダー)の部分的な修繕から全体の交換作業までしてくれるそうです。

擦り切れて破れてしまった角の部分の修繕と全周修繕ができます。

そして内袋も傷みやすい箇所ですので、こちらは交換という手はずで修理が行われるのです。このように、バッグは修理可能な道具です。買い替えもいいですが、修理して長く使うのも愛着がわいていいものです。

修理依頼と修理の流れ

とても大切にしているバッグも、使っていくうちにほころびが出てきます。そうしたとき、買い替えという手段もありますが、修理するのも一つの手段です。修理は、専門業者に依頼することになりますが、大抵の場合はショッピングモールや商店街などに修理専門の業者が入っています。ただ、近所にそういったところがない人は、サイトでの修理依頼という方法もあります。

ではこのバッグの修理ですが、どのような流れで行うのでしょう。基本的に、実店舗もサイトの店舗も流れは変わりませんので、大まかな流れをここでは紹介します。まずは、修理依頼のバッグを確認します。内袋や外付けのポケットなどに財布や保険証、カードなどが残っていないかを充分確認してください。こういったものが入っていると、修理を受け付けてくれない場合もあるのです。

その後、店舗に持っていくことになりますが、サイトの場合は宅配で送ることになります。そして、実際に修理業者に依頼品を見てもらい、修理内容を相手に伝えます。それを元に専門業者はバッグを再点検し、他にも修理箇所や気になる部分があれば、それを教えてくれますので、そこでその箇所をどうするのかを考えればいいでしょう。そして修理箇所が決まれば、見積もりが出され、そして修理、納品という流れになるのです。

買い替えか修理か

それがいくら高価なブランド品であっても、バッグは基本的には消耗品です。品質が高く、よい素材を使っていても、使い込んでいくうちに革は汚れていきますし、ファスナーなどの部品は壊れてしまいます。また、内袋も破れたりほつれたりして、経年による劣化はどうしても避けられないものなのです。

もちろん、そのままの状態でも使うことができるのですが、例えばファスナーが壊れていたとすれば、プライバシーを晒すことになりますし、ちょっとした隙に、中のものを盗まれる恐れもあります。内袋が破れていれば、小物がそこから出てしまい、どこにいったのか分からなくなることもあるでしょう。やはり、バッグは機能性が重要ですので、こうした劣化が見られたら、買い替えか修理ということになります。

買い替えという選択肢がありますが、例えばそのバッグがプレゼントされたものであったり、お金を貯めてようやく手に入れた思い入れのあるものであれば、手放したくはないものです。そういった場合は、修理という選択肢もあるのです。修理専門の業者に依頼すれば、不具合のある箇所の修理はもちろん、革の染め直しもしてもらえ、まるで新品のような出来栄えとなります。最近は、ネットに店舗を構えている業者もありますので、修理業者が近所にない場合は、そういった店舗に依頼するのもいいでしょう。

バッグ修理と専門業者

誰もが日常的に使っているものとしてバッグがあります。バッグは買い物やレジャー、ビジネスなど用途に応じて様々な種類があり、またブランド品のようにファッションの一部としての役割を持つものもあるのです。こうしたバッグも、使っていくうちに徐々に汚れが目立つようになり、金具やファスナーなどが壊れたり、バッグの内袋が破れたりと、劣化が目立つようになってきます。その際、多くの人はバッグを買い替えるのですが、中には大切な人からプレゼントされたものや、思い入れがあり、どうしても手離せないといったものもあります。

色々な原因でほつれが目立ってきたバッグは、実は修理に出せるのです。ショッピングモールやテナントビルなどの商業施設にはそういったバッグ修理専門店が出店していることがあります。そういったところに持ち込めば、お気に入りのバッグが新品同様となって甦るのです。また、そういった店舗が近くにない場合はサイトを持っている店舗もありますので、宅配で送れば修理をしてくれるシステムになっています。

バッグの修理箇所としては、持ち手や金具、ファスナーや内袋、そしてパイピングなどがあります。こうした箇所の修理方法としてはほとんどが交換となり、元々あった部品に近いものを宛がうことで、修理・補修となるのです。もちろん、革の汚れなどはきれいにクリーニングしてくれますので、手元に戻ったそのバッグは買った時のような輝きを放つことでしょう。このサイトはバッグ修理と修理専門業者について説明します。