買い替えか修理か

それがいくら高価なブランド品であっても、バッグは基本的には消耗品です。品質が高く、よい素材を使っていても、使い込んでいくうちに革は汚れていきますし、ファスナーなどの部品は壊れてしまいます。また、内袋も破れたりほつれたりして、経年による劣化はどうしても避けられないものなのです。

もちろん、そのままの状態でも使うことができるのですが、例えばファスナーが壊れていたとすれば、プライバシーを晒すことになりますし、ちょっとした隙に、中のものを盗まれる恐れもあります。内袋が破れていれば、小物がそこから出てしまい、どこにいったのか分からなくなることもあるでしょう。やはり、バッグは機能性が重要ですので、こうした劣化が見られたら、買い替えか修理ということになります。

買い替えという選択肢がありますが、例えばそのバッグがプレゼントされたものであったり、お金を貯めてようやく手に入れた思い入れのあるものであれば、手放したくはないものです。そういった場合は、修理という選択肢もあるのです。修理専門の業者に依頼すれば、不具合のある箇所の修理はもちろん、革の染め直しもしてもらえ、まるで新品のような出来栄えとなります。最近は、ネットに店舗を構えている業者もありますので、修理業者が近所にない場合は、そういった店舗に依頼するのもいいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket